Kanoko(かのこ)とは

about

いろんな家族、いろんな子ども、いろんな暮らし。
Kanokoは、家族と子育ての多様性を伝える、専門家発信のWebメディア。

子育てには正解がありません。
ライフスタイルの多様化と共に、家族の形も多様化してきました。

山で子育てをする。島で子育てをする。
海外で最先端の教育を受ける。学校には行かない。
三世代の大家族。パパが二人。友達と一緒に子どもを育てる。

子育ての世界に溢れるたくさんの選択肢の中から、
心にストンと落ちる、自分にぴったりのスタイルを選ぶことができたら──
そんな思いから、Kanokoのプロジェクトはスタートしました。

記事の書き手は様々な分野のプロたち。
保育士、教師、栄養士、看護師だけではありません。手芸や農業、ビジネス、IT、画家……etc
いろんな大人たちが、いろんな視点で、子育てがちょっと楽しくなる提案をしていきます。

鹿のお母さんは、生まれたばかりの仔鹿をあえて自分と離れた場所に置き去りにするそうです。

まだ十分に走ることができない赤ちゃんは、肉食動物に追いかけられたら100%死んでしまうからです。
我が子を物陰に隠し、敵にばれないように赤ちゃんの匂いを舐め取り、生きるのに必要なだけ食料を与えたら、お母さんはその場を離れてしまうのです。

置き去りにされた仔鹿は、自分で自分の身を守る方法を学んで育ちます。
鹿のお母さんの子育ては、一見すると子どもを見捨てているようですが、実は本当の意味で子どものためになる選択をしているのです。

ぱっと見て判断できる「正しいこと」「綺麗なこと」「良いこと」だけでなく、その奥にある本質を探っていきたい。
私たちの想いと、鹿のお母さんの賢い子育てへの敬意を込めて、“鹿の子(かのこ)”をサイトのシンボルにしました。

1.こどもの数だけ家族の形があります。
Kanokoは多様な家族の形や選択、暮らし方を尊重し、偏りなく情報を発信します。

2.様々な「プロ」の情報を発信します。
保育者、教育者、医療関係者だけにとどまらず、衣・食・住の専門家たちが子育てに役立つ情報を提供します。

3.女性も男性も、子どもがいる方にもいない方にも
関心を持っていただけるようなwebメディアを目指します。