季節のレシピ

【管理栄養士監修】夏バテ防止対策に。子どもも食べられる甘口のジャージャー素麺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!管理栄養士の北あかりです。

猛暑が続き、食欲が落ちている方も多いと思います。

今回は、夏野菜のピーマンやパプリカを使った「ジャージャー素麺」の作り方をご紹介します。

食欲がわかない日でも食べやすい素麺に、栄養たっぷりの肉味噌をトッピング。

甘口なので、小さなお子さんも安心して食べることができます♪

材料(4人分)1人あたり:427kcal

  • パプリカ黄・赤 ・・・各3/4個
  • ピーマン・・・ 1個
  • 豚ひき肉 ・・・180g
  • おろし生姜(チューブ)・・・ 5センチ程度
  • 甜麺醤 ・・・大さじ2
  • 醤油・・・ 小さじ2
  • 砂糖・・・ 小さじ1
  • 水 ・・・120ml
  • 片栗粉 ・・・大さじ1(大さじ1の水と混ぜて水溶き片栗粉にしておく)
  • そうめん・・・ 300g

作り方

①パプリカ・ピーマンは5ミリ角程度の大きさにみじん切りにする。

②フライパンに豚ひき肉と生姜を入れて中火にかける。へらでほぐしながら炒めて、色が変わってきたらパプリカを加え、さらに1〜2分炒める。

ひき肉の油で十分おいしく仕上がるので、炒め油は必要ナシ。また、フライパンが温まる前からひき肉を炒めると、ほぐしやすく均一な仕上がりになります。じっくり火が通るので肉の臭みも軽減されます。

③パプリカに火が通ってきたら、弱火にして、ピーマン・甜麺醤・醤油・砂糖を入れて軽く混ぜる。水を加えて中火にし、2分ほど煮る。水溶き片栗粉を加えて混ぜ、とろみがついたら火を止める。

大人向けに豆板醤(小さじ1)を加えるのもオススメです!

④そうめんをたっぷりのお湯で所定の時間茹でる。冷水で洗ってザルにあけ、水気を切る。

美味しいそうめんを作るポイントは、茹でたらすぐ冷やす・麺をもみ洗いする・水をしっかり切ること!コシが保たれ、喉越しが良い仕上がりになります。

ザルにあけた後、麺を軽く押すと水がよく切れます。

素麺を器に盛って③の肉味噌をかけでできあがり♪

【豆知識】素麺「だけ」では夏バテを助長する原因に……!?

暑い時期に食べやすい素麺ですが、炭水化物の素麺だけでは栄養が偏り夏バテを助長する原因に。
そこで一緒に食べたいのが「豚肉」です!炭水化物と一緒に豚肉のたんぱく質・鉄分・ビタミンB1、B2も一緒に摂取することで、疲労回復や夏バテ防止に効果があるのです。

さらに野菜も一緒に食べることで、より栄養バランスが良くなり、ビタミン類が補強されます。(パプリカ・ピーマンにはビタミンA、Cが豊富。どちらも免疫力アップに効果アリ)

苦味のあるピーマンも、甜麺醤(てんめんじゃん)という中華料理でよく使われる甘味噌を使うことにより、お子さんも食べやすい味に早変わり♪

素麺の上に添える肉味噌はシンプルな手順で作ることができるので、夏バテ防止対策で栄養たっぷりのジャージャー素麺を作ってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*